ご注文から5日以内に発送いたします。

 

人工呼吸器のための管を入れる行為は、患者からの出血や飛沫によって新型コロナウイルス感染のリスクが極めて高いと言われています。 「鼻腔検査用エアロゾルカバーフレーム」は、インフルエンザやPCR鼻腔検査時に使用できるフレーム及びカバーです。カバーにはドクターが手、腕を挿入する場所にミシン目加工が施されています。静岡県のクリニックに協力をいただき開発しました。 フレームは、金属製で耐久性が高く、組み立て式で移動に便利なキャスターが装着しています。無段階で高さの調整が可能です。 飛沫を閉じ込める専用カバーは、ポリエチレン製のディスポーサブル(使い捨て)透明カバーで、フレームに吊り下げて使用します。簡単に装着でき、使用後取り外して廃棄します。使用後はカバーをその都度廃棄するため、洗浄・消毒する作業が最小限に短縮できます。専用のカバー以外にも、市販の大型透明ポリ袋(120L~150L)をお使いいただけます。ドクターの手、腕を挿入する加工は必要です。

鼻腔検査用エアロゾルカバーフレーム

¥27,000価格
  • ◯ 製品名

    鼻腔検査用エアロゾルカバーフレームセット
    フレーム、接続パーツ、クリップ6点、カバー 10枚付き

    ◯ 素材

    フレーム:スチール
    接続パーツ:樹脂
    クリップ:樹脂
    エアロゾルカバー:ポリエステル

    ◯ サイズ

    縦150cm x 横50cm x 奥行50cm

     

    ◯ デザイン・設計

    香川大学創造工学部 教授 井藤隆志

     

    ※表示価格は税抜価格です
    ※製品の色合いは、実物とは多少異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
    ※製品改良のため、デザイン、仕様、外観、価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください