• キュリオケア広報担当

患者の全身を覆う簡易なシェルターで、飛沫感染を防ぎより安全な救急搬送を〜「ストレッチャー用 エアロゾルカバーフレーム【全身用】」の提供開始〜

岐阜発のモノづくりベンチャー企業「株式会社キュリオ」(本社・岐阜市、代表・高橋陽介)は、愛知県海部南部消防組合の協力を得て、救急車内のストレッチャー(担架)に設置でき、エアロゾル(微小な飛沫)から救急隊員を守る全身用のストレッチャー用カバーフレームを開発し、この度提供・販売を開始致しました。





商品の特徴

本製品は、消防・救急現場からの声を受け、2020年10月に発売した折りたたみ式「ストレッチャー用エアロゾルカバーフレーム」を基に、患者の全身を覆うシェルター型にました。  既にストレッチャー用エアロゾルカバーを1セットお持ちの方は、もう1セット購入いただくことで、既に2セットお持ちの方は全身用エアロゾルカバーのみ購入いただき全身用としてお使いいただくことが可能です。

日常利用のし易さ・耐久性・省スペース等の従来製品の特長に加え、ストレッチャー用エアロゾルカバーフレームを2セット使用し、ストレッチャーの頭部分と足部分に装着し、専用の透明ポリエチレンカバーで患者の全身を覆うため、患者の搬送・処置時に、飛沫が拡散するリスクを低減します。


1) 組立時: フレームは縦60cm x 横48cm x 奥行40cmのサイズで、救急搬送用のみならず病院の救急救命治療室内等、ほとんどのストレッチャーに取り付け可能。救急搬送中でもストレッチャーから脱落しない工夫が施されています。 (撮影協力:愛知県海部南部消防組合様)




2) 座位にも対応: ポリエチレンカバーで余裕を持って覆われている設計の為、搬送患者を座位にする場合など、カバーを取り付けたままストレッチャーを折り曲げる事が可能です。



3) 搬送時: ストレッチャーに取り付けるだけのコンパクト設計のため、救急車内でもゆとりをもって処置が可能。 感染予防効果の観点を重視し、専用カバーにはスリット等の切り込みは入れておりませんので、必要に応じてカバーのカットや気道の確保等の処置を行って頂く設計です。




4) 消毒時:

ディスポーザブルのカバーを使用するため使用後の洗浄・消毒はフレームのみ。フレームと接続部の樹脂部品がとりはずせて洗浄・消毒が容易。




5)省スペースで保管が可能:

シンプルなスチール製のフレームのため耐久性が高く、落下や接触があっても破損・故障のリスクは非常に低い。折りたたんで収納が可能なため、救急車内にも省スペースで保管可能。



■製品仕様■


1)ストレッチャー用エアロゾルカバーフレームセット【全身用】税込45,100円(税別41,000円)(フレーム2セット、クリップ12点、専用エアロゾルカバー【全身用】10枚付) 


2)専用エアロゾルカバー【全身用】 10枚入り 税込13,200円(税別12,000円)  ※既にストレッチャー用エアロゾルカバーを1セットお持ちの方はもう1セット購入いただくことで、2セットお持ちの方は全身用エアロゾルカバーのみお求めいただき全身用としてお使いいただくことが可能です。1セット追加購入の方はご注文時にその旨お伝えいただけましたら付属のカバーを全身用(5枚)に変更してお届けします。 ※専用カバーにはスリット等の切り込みは入れておりません。必要に応じてカバーのカットや気道の確保等の処置を行ってください。



【素材】 フレーム:スチール 接続パーツ:樹脂 クリップ:樹脂 エアロゾルカバー:ポリエチレン ストラップ:ナイロン・樹脂 【サイズ】 フレーム:縦60cm X 横48cm X 奥行40cm(1点)、専用カバー:縦160cm X 横100cm X 高さ80cm ※フレームは基本サイズ以外にも、ご要望にあわせた特注モデルにも対応しますのでお問い合わせください。 【 デザイン・設計】 香川大学創造工学部 教授 井藤隆志 【購入方法】 以下キュリオケア オンラインストアからご購入可能です。 https://www.curio-care.com/onlinestore ■開発の経緯■ 株式会社キュリオは、新型コロナウイルス感染が広がり第一回目の緊急事態宣言が発令されていた2020年4月、プロダクトデザイナー井藤隆志(香川大学創造工学部教授)と共同で、病院で患者のベッドの頭付近にかぶせて医療従事者の感染を防ぐアクリル製の「エアロゾル・ボックス」を開発しました。

(参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000056621.html)

香川県立中央病院様にエアロゾル・ボックスを使って頂き、「使用後、簡単に消毒し再利用したい」「コンパクトに収納したい」「落下による破損を防ぎたい」という医療現場からの要望を受け、モデルの改良を進め、エアロゾル・カバーフレームと専用カバーの開発を行いました。

(参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000056621.html)


その後、岐阜市消防本部様のご協力の下、救急車のストレッチャーに固定するための製品改良を加え、2020年10月に「ストレッチャー用エアロゾルカバーフレーム」の販売を開始致しました。

(参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000056621.html)


販売から約1年が経過し、累計460台のストレッチャー用を病院122施設、消防署44署、保健所他7か所にご使用頂く中で、搬送時や処置時の新型コロナウイルス感染症の飛沫感染リスクをより低減するため、全身を覆うシェルター型のニーズを多く頂き、4度目の製品開発に着手致しました。


愛知県海部南部消防組合の消防隊員の皆さまに実際に製品をご利用頂き、現場での使われ方等も反映しながら、この度製品を提供開始させて頂く事となりました。



■販売元/お問い合わせ先■ 株式会社キュリオ 代表取締役 高橋陽介 岐阜県岐阜市城東通り2-37 info@curio-inc.co.jp 058-213-7363